キャバクラの「指名」を理解しておこう!

キャバクラでは、指名無しの御客様指名有りの御客様の2パターンです。初めてご来店の御客様は、当然指名もありません。何度かご来店はあるが、指名のない御客様もいらっしゃいます。この指名のない御客様をフリー又は本番と言っています。

また指名にも場内指名本指名の2パターンがあります

場内指名とは?

指名無しの御客様(フリー)の場合、時間内に通常3名のキャストが交代で接客をします。基本的には、マンツーマン接客にます。

最初にA子さん、次にB子さん、最期にC子さんが接客します。時間内に3人のキャストさんが接客するのが基本になっています。

途中で御客様は、B子さんが気に入ったとします。この子とお話をしたいとなった時には、御客様はB子さんを場内指名します。

違ったパターンもあります。お遊び時間終了になって延長して頂く時に、B子さんを指名で延長したい時などもあります。これも場内指名となります。

本指名とは?

御客様が来店された時に、必ず黒服は「ご指名はございますか?」と指名の有無を確認します。来店時に、すでにお気に入りのキャストがいて指名することを「本指名」と言います。

「ヘルプ」のルールは初日から必須!

他のキャストさんを指名している御客様の席につくことをヘルプと言います。他のキャストを指名している御客様ですから気配りは必要になってきます。細かいルールがあります。これを把握しておき指名キャストと気まずくならないように注意しましょう!

1,御客様にベタベタしない

2,名刺を渡したり電話やLINE交換しない

3,指名キャストの話題は避ける

4,ドリンクを頼まない

5,複数客の場合でも、指名キャストの顔を立てる

これから初めてキャバクラで働く人は是非覚えておきましょう!


なぜ、これがいけないか? 気になる人は⬇⬇をどうぞ!

知らなきゃヤバイ! キャバクラのヘルプ:4つのルール


はじめは誰でも大変です。
苦しい時こそ、修行と思って頑張りましょう。

人間関係を壊さない気配りを!

挨拶をきちんとする

お早う御座います。お疲れさまです。
有り難うございました。ご馳走様でした。

シカトされても挨拶をし続けることが大事です。

怖い人や嫌らしい先輩もいますが、根性です。相手が根負けするまで、頑張りましょう。いつか心を開いてくれると信じて頑張ってみましょう。

ヘルプばっかりなどと考えないで、喜んでやる

指名のキャストさんが帰ってくるまで御客様を楽しませるようと頑張ってみる。

御客様やキャストにもその心意気が必ず伝わります。美人風に気取ってヘルプされてもお客さんは面白くないんです。ヘルプは、面白い!楽しい!がポイントです。そんな努力をしていると必ずイイ方向に向かいます。

❖ 敵を作らない

この気持ちで携わっていると仕事がやりやすくなります。
へりくだるとか媚びを売るとかでは無く、仕事で稼ぎに来ているわけですからね。人間関係で嫌な思いをしないための賢明な方法です。